ロコハウスとは

What's LoCoHouse

2階リビングのすすめ

住まいの真ん中に「庭」をおく。
ロコハウスは、「明るさ」と「開放感」にこだわります。

ロコハウスの庭は、通行人の目に晒されない〝内に開く庭〟がコンセプト。
家族のためだけにある、家族専用の開放的な住空間の一部として機能します。

2階リビングのすすめ

明るい日中によく使う部屋は〝居間〟や〝食堂〟暗い夜によく使う部屋は〝寝室〟や〝浴室〟です。
なぜ多くの住宅のリビングは、1階なのでしょう?
家が2階建てである以上、1階の天井の高さや傾斜は自由になりません。2階にくらべ、陽あたりや通風も悪く、道路や隣家の庭からプライバシーを侵され柱や間仕切り壁の少ない広い部屋が欲しくても構造強度が弱くなるため困難です。
それらは〝2階リビング〟にすることで全て解決します。
天井の形は自由で、プライバシーも守られた柱と間仕切り壁の少ない広々としたリビングは、眺めも良く、光と風に満ちあふれ開放的な空間を実現します。

陽光や風が舞い降りるオープンルーフ

ロコハウスの「庭」から見上げた先には、遮るもののない空が広がっています。
中庭を吹抜けにすることで、外観の印象とは裏腹に、居室内にもたっぷりの陽光や風が舞い降り、プライバシーは守りながら、明るく、居心地のよい空間を生み出しています。

暮らしの中に新たな風景を生み出す「センターコート」の思想

ロコハウスは、「住まいの内側・真ん中においた庭=センターコート」を大前提に、そこから生まれる新たなライフスタイルに至るまで、きめ細かにプランニングしています。例えば、「センターコート」に出て張り出したオープンデッキで食事ををしたり、シンボルツリーの下、部屋着で日光浴したりと、住まいの内側だからこそ叶えられる新たな暮らしの風景を創造していきます。