建築家河村デザインとの家創り

Creating a house

河村一級建築士のすまい考

 

住宅の不思議【第15回】

「2公室プラン」

 

 

プライベートとフォーマルの間にはいくつかの段階があります。

 

裸になる風呂やトイレのような超プライベートなことから

 

パジャマでも許しあえるような家族間の関係

 

部屋着で許されるような友人関係

 

普段着でも許されるご近所との関係

 

ネクタイを必要とするようなフォーマルな関係

 

正装でないと許されない冠婚葬祭のような超フォーマルな関係

 

どんなに大まかにまとめても住宅には最低2段階の接客空間が必要ではないでしょうか

 

友人やご近所の方まで招き入れることのできるカジュアルな茶の間のような空間

 

ダイニングキッチンと呼んだり、ファミリールームと呼んだりもします。

 

フォーマルな行事や大切なお客様に対応できる座敷のような空間

 

客間を兼ねた畳の和室や独立したリビングルーム

 

リビング ダイニングのような曖昧な言葉でごまかすのではなく

 

きちんと目的を整理してプランを考えてみましょう。

 

ロコハウスではこのような意図もあってリビングルームとダイニングキッチンを

 

中庭を挟んでセパレートしたプランを推奨しています。

 

 

1 2 3 4 5 17

株式会社 河村デザイン・一級建築事務所

代表取締役 河村 嘉和 Yoshikazu Kawamura
1953 山口県長門市生まれ
1977 葉 祥栄デザイン事務所入所
1984 河村デザイン室 設立 fax 092-845-2589
2011 株式会社 河村デザイン